• 
歯周病とは
歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯肉溝(歯と歯肉の境目)のブラッシングがしっかり出来ていないと、そこに多くの細菌が蓄積し(歯垢の蓄積)、歯肉の周りが炎症で赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどありません)。そして、進行すると歯周ポケット(歯肉溝)の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければなりません。
お口の中には約300~500種類の細菌がいます。これらは普段悪影響を及ぼしませんが、ブラッシングが不十分だったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これをプラーク(歯垢)と言い、粘着性が強くうがい程度では落ちません。
このプラーク1mgの中には10億個の細菌が存在すると言われ、虫歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が存在していることが解明されています。