大人の二次虫歯

こんにちは。

皆様、お口の中に詰め物や被せ物 (白い詰め物や銀歯) はいくつありますか?

ずいぶん前に治療した古い詰め物や被せ物が入っていても、一度治療したから大丈夫や、痛くないから大丈夫と思っていないですか?

実はその考え要注意です!!

一度治療した歯は再び虫歯になるリスクがあるんです。

一度治療した歯が再び虫歯になることを、“二次虫歯(二次カリエス)”と言います。治療して詰め物や被せ物などを入れたあとに、ご自身の歯と詰め物や被せ物との間に、わずかな段差や隙間できそこから虫歯になるのです。

原因としては、ご自身の歯のすり減り、詰め物や被せ物を接着させる接着材料の劣化によりできるわずかな段差や隙間に虫歯菌が溜まってしまう事が考えられるでしょう。

一度治療した歯は、まったく治療していない歯に比べると虫歯になる可能性がぐっと高くなります。虫歯治療が終わったあとも油断せずに毎日の歯磨きと歯科医院での定期的なメンテナンスを受けてしっかり予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です