ごはんに集中!幼児期♪

こんにちは!アジサイデンタルクリニックです。

今日は幼児期の特徴や食事のポイントについて書いていこうと思います。

幼児期は子どもの咀嚼機能食習慣を育てるのに重要な時期です。

食事に集中してきちんとした姿勢で食べることが大事になります。

食事場面は心の発達健やかな心身の成長にとってとても大切です!

親の作った食べ物を一緒に味わいながら、甘い、塩からい、にがい、すっぱい、やわらかい、かたいなどの味覚や食感が発達します。

なのでスマホ等は使用させず食事に集中することが大切になります。

さらに、自我の発達につれて食べ物の好き嫌いがはっきりしてきますが、この好き嫌いをめぐって親子がやりとりしていくことで、子どもは主張することと我慢することのバランスを覚えていくのです。

!POINT!噛み応えがあるものを よく噛ませましょう!

ハンバーグやカレー、スパゲティなど、子供は好きですよね。

でも、これらはそんなに噛まなくても飲み込めてしまいます…

咀しゃく機能を育てる為にも軟らかいものを中心とした食事ばかりでなく、

噛み応えのある食材などを意識してメニューに取り入れてみましょう^^

※まだ生野菜のようなすごく硬いものは食べることが難しいので、
少し硬めに茹でた野菜などをあげるようにしてくださいね^^

【間食について】

お菓子のラインイラスト | 無料イラスト素材|素材ラボ

この時期はまだ一回の食事で十分な量を食べることが出来ないため、不足したエネルギーを間食によって補います。

この間食と言うのは、おやつではないのでお菓子などではなく、おにぎり・ふかし芋などエネルギーやビタミンを多く含むものをさします。

食べた後はもちろん歯磨きを♪

いっぱい噛もう!奥歯期♪

こんにちは。アジサイデンタルクリニックです^^

今回は奥歯が生えてきて色んなものが噛めるようになる奥歯期についてお話します♪

乳歯(18か月)【歯科素材.com】歯医者さん向け無料イラスト

まず、子どもが噛めるようになるのは口の中で一番敏感な場所である歯根膜(歯の根っこの部分)が発達するからです。

この歯根膜を通じて、その食べ物が硬いか柔らかいか、大きいか小さいかを認識できるようになります。

「このぐらいの大きさなら食べられるかな?」「ちょっと小さくしないと食べられないな」などを身体でおぼえこんでいきます。

そうして、下顎についている大きな噛む筋肉(咬筋)が鍛えられていきます^^

POINT!

一口大より少し大きめに切って食べさせてみましょう!

まだ生野菜のように硬いものは食べられないので、指でつぶせるくらいの硬さ又は奥歯でつぶせる硬さの物をあげましょう^^

~よく噛まないことで起こりうる不正咬合(悪い歯並び)~

出っ歯

なぜよくないの?

前歯が出ていることで、唇が閉めにくくなります。
そうすると口が乾燥し、虫歯・歯周病・口臭の原因となる。また、呼吸、発音、嚥下にも問題を起こすと言われています。

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせが深いこと。前から見たときに、上の前歯が下の前歯を覆ってしまうくらい深くまで噛み合っている状態。

なぜよくないの?

上の前歯が乾燥しやすいので虫歯になりやすい

下の前歯が上の歯茎を刺激するため歯周病になりやすい。また奥歯の一部でしか噛んでいないことが多く、負担過重で歯周病が進行しやすくなる。

前歯が生えた!前歯期★ しっかり前歯で噛み切ろう♪

離乳食が完全食に近づいてくるころには、上下の前歯が4本ずつ生えてきます。そうしたら前歯期に突入です!

これまでの唇でとらえることから→前歯で噛み切ることができるようになります^^

<前歯期における理想像>

①一口より大きいものを与えて、かじり取りの練習をさせることが大切!

 前歯が生え始めたこの時期は、咀しゃくを覚えさせるうえで大変重要な時期です。かじり取りの練習をさせるために、どんどん一口より大きいものを手づかみで食べさせるようにしましょう!

 そうすることで、前歯でかじり取るという機能を覚える、また一口の量を学習する効果があります。

②正しい姿勢で食事をさせる

 足底が床につく高さに椅子、肘が90度になる高さの机でお子様に食事をさせることで、食物をしっかりと噛むことができ、顎や筋肉の適切な発育に重要です。

 お父さん、お母さんも足がプラプラのまま食事をしてみてください。それがお子様の発育によくないということが分かると思います。

③食物アレルギーに配慮しながら色々な食材に触れさせる

手づかみ食べに合わせて、軟らかく煮た野菜スティックをあげてみましょう!

 この時期は味覚の発達が進む時期でもあります。なので、多くの野菜と触れさせておくと、好き嫌いが少ない子に育ちます^^

~手づかみ食べについて~

かなり汚れてしまうので、手づかみをあまりさせないお母さんもいますが、お子様の健やかな成長のためには必要な行為であり、人間として成長する大切なステップです。

~水分について~

飲み物は食事の前後に!

せっかく噛む練習をしているのに食事中に飲み物を飲むと、よく噛まずに流し込んでしまいます。

唾液の量が多い時期なので、食事中に飲み物がなくても大丈夫です

~前歯期の育て方のよくある間違い~

お子様がいろいろな動きができるようになり、お母さんも大忙しです。

食事の時も、「足がつく椅子にすると、椅子から出ようとして食事が与えられない、だから足がつかない椅子を選んでいます」というような方も多いです。

 ですが足をプラプラさせて食事をさせることは、非常によくありません。なぜなら、足の底が床についていることで踏ん張りがきき、咀しゃくをきちんとできるようになるからです。この時期はお子様の将来の咀しゃくの仕方、咀しゃく力に大きく影響する時期です。

 かじり取りの練習、正しい姿勢、様々な食材に触れさせることを意識しましょう。

納得して治療を受けるために

こんにちは。アジサイデンタルクリニックです。

虫歯が痛くなって歯医者に行った場合は、「何はなくとも痛みを止めてほしい」と思いますよね。

でも、ただ痛みを取るだけの治療では、本当の治療とは言えません。

本当の治療というのは、きちんと診察して原因を特定し、どうやって治療するのか、患者様にも考えていただいて、納得できる治療でなければいけません。

もし、その治療方針に分からないところや納得いかないところがあれば、そのことをきちんとお話しましょう。

歯科医は今までの治療の経験から最善の治療を選びますが、必ずしもそれが最適だとは限りません。

だから、患者様のこだわりや希望がどこにあるのかを説明していただければ、できる限りその希望に合わせた治療を行って安心していただくのも、歯科医の仕事の1つなのです。

例えば、当院では、来院された患者様には、次のようなことをしっかりと説明して治療を始めています。

・治療しなければどうなるのか

・治療の方法にはどんなものがあるか

これらは医者にとっては当たり前の情報ですが、患者様には自分の体のことと、体にどんなことをされるのかを知る唯一の情報です。

その点をしっかりと説明することで、患者様には安心感を得ていただき、希望を伺うことができるのだと思います。

入れ歯をつけていたら矯正できない?


歯科矯正治療は、ワイヤーなどで歯を正しい位置へ動かす治療です。
正しい位置に歯を動かすことで正しいかみ合わせを取り戻すことができますし、見た目も綺麗になります。

そんな矯正治療は、じつは入れ歯の人でも受けることができるんです。
もちろん、健康な歯が揃っている人よりも難易度が上がるかもしれませんが、不可能ではありません。

入れ歯があると、うまく動かすことができなかったり動かし過ぎたりしそうに感じますが、そんなことはないんです。
しっかりと検査して治療計画をねり、時には入れ歯を作った医師と連携して作り直すなどすれば、うまく矯正できます。

かみ合わせというのはとても重要なもので、少しずれているだけで身体に様々な悪影響を及ぼします。
それに、歯並びが悪ければ歯みがきで磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
そのため、かみ合わせに少しでも違和感があれば、入れ歯があっても歯科医へ相談してください。

入れ歯を作った医師と矯正歯科医が協力すれば、入れ歯のある患者様でも矯正治療を行って、生活の質を向上させることができるんです。

当院では矯正歯科治療を行っていますし、入れ歯も制作しています。入れ歯をしている人で歯並びが気になる人は、ぜひご相談ください。

虫歯を予防する

みなさん、虫歯になっても治療すれば大丈夫と思っていませんか?

じつは、虫歯に一度かかってしまうと、治療したとしても元に戻ることがほぼないことをご存知でしょうか?

唯一、元に戻る場合があるとすれば、歯の表面がわずかに侵された程度の初期の虫歯だけなんです。

でも、虫歯はある程度進行しなければ自覚症状がない病気ですから、初期の虫歯にはなかなか気付けません。

そこでおすすめなのが、歯科定期検診です。

3ヶ月や半年に1度くらいの頻度で歯医者さんに通っていただいて、お口の中を隅々まで診断します。

そうすれば、もし虫歯になっていても軽い段階で見つけられます。軽度の虫歯であれば、元に戻る可能性も十分にあるわけです。

もちろん、ただ検診するだけではなくて、虫歯の原因となる歯垢や歯石を綺麗に除去しますのでお口の中はスッキリ爽快になって口臭予防にも効果的です。

お口の中を綺麗にしたあとはフッ素塗布などの虫歯予防のための治療もおこないますし、正しい歯磨きの仕方もお教えします。

歯科定期検診を受けていただければ、虫歯になりにくいお口の環境と生活習慣を作ることができるわけです。

当院でも歯科定期検診は行っておりますので、ぜひご相談ください。

予防歯科治療と歯科検診

定期的に歯科検診を受けることと、予防歯科治療を受けることの違いをご存知でしょうか?

結論から言うと、「悪い所を探す」のが歯科検診で、「悪くならないようにする」のが予防歯科治療です。

歯科検診では、患者様のお口の中を検査し、虫歯や歯周病の兆候を探します。

レントゲンを撮ったり、唾液の中に含まれる細菌を分析したりもします。

そして、虫歯や歯周病の兆候が見つかればすぐに治療して早期発見早期治療を実践するわけです。

虫歯になってもすぐに治すので、常に健康な状態が保てるわけですね。

予防歯科治療も、最初はお口の中を検査します。そして、虫歯や歯周病の兆候が見つかれば治療するのも同じで、まずはお口の中を健康な状態にします。

でも、予防歯科治療はそのあとにまだやることがあるんです。

それは虫歯にならないようにする予防治療です。

代表的なのは歯の再石灰化を促進して歯を守るフッ素の塗布でしょう。

それに歯垢や歯石をきれいに除去するクリーニングも行うでしょう。

そうすることで、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を整えるわけです。

当院では、予防歯科治療を行っています。

虫歯や歯周病になる前に始めることで、虫歯や歯周病を未然に防いで健康な状態を保つことができますので、お口の健康を気にされている方はぜひご相談ください。

歯医者嫌いなら定期検診を!

あなたは歯医者が好きですか?

「歯医者が大好き!」という人は、残念ながらあまり聞きません。

もちろん、ゼロではないですがあまり多くはないでしょう。

むしろ「歯医者なんて大嫌い!」という人のほうが多いかもしれませんね。

そんな歯医者嫌いの人におすすめなのが、じつは歯科検診なんです。

「なんともないのに、嫌いな歯医者にわざわざ行くの?」と思う人もいるかもしれませんが、その通りです。

どちらかというと、

なんともない時にこそ歯科検診を受ける意味があると言えます。

なぜなら、なんともない(=自覚症状がない)状態はもし虫歯があっても軽度のものです。軽度の虫歯であれば、痛みのない簡単な治療で終わることがほとんどなんです。

本当に虫歯がなければ、フッ素塗布などの虫歯予防治療だけで終わりますし、

歯周病予防のために、

歯垢や歯石をきれいにクリーニングすれば、本当にさっぱりします。

痛みがないどころかスッキリするのですから、どれだけ歯医者が嫌いな人でも不快な思いをすることはありません。

そんな歯科検診を定期的に繰り返していれば、お口の健康を守りながら歯医者嫌いが克服できるかもしれませんよ。

歯科定期検診は当院でも実施しております。気になる方はぜひご相談ください。

成長中の永久歯

幼若永久歯(ようじゃくえいきゅうし)と呼ばれる

「生え変わったばかりの永久歯」は、

ただ生えてくるだけではなく成長しているんです。

幼若永久歯の表面はまだ柔らかく、お口の中のカルシウムを取り込んで、2年から3年かけて固くなっていきます。

目に見えない歯の根の部分もグングン成長していますので、日々の食事で適度な刺激を与えてあげることが重要でしょう。

ただ、成長中ということで虫歯の進行も早く、気が付いたら歯の中の神経にまで達していることも少なくありません。

そのため、永久歯に生え変わったばかりの頃は、特に意識してこまめな歯みがきをするようにしましょう。小さなお子様であれば親御さんが仕上げみがきをしてあげるのが効果的ですね。

もし虫歯に気づかずに酷くなってしまうと、神経をすべて抜いてしまうことになるかもしれません。そうなると歯の成長が止まってしまいます。

歯科医はその事情をよく理解していますので、大人であれば神経を抜いてしまわないといけないほどの虫歯でも、幼若永久歯の場合はできる限り神経を残しておく方法を考えます。

でも、その治療は難しいですし再発のリスクもありますので、虫歯にならないようにするのが一番なんです。

面倒に感じる時もあるかもしれませんが、お子様の将来のためにお口のケアをこまめにする習慣をつけるようにしましょう。

大切な永久歯が虫歯になる前に歯科医院でのメンテナンスを受けられることをおすすめいたします。

ホワイトニング

みなさんこんにちは(^▽^)/

 今日は気になる方が多いであろうホワイトニングについてお話します✨

●そもそもホワイトニングって?

ハミガキやなどで落ちにくい、黄ばみを歯を削ることなく白くする方法です💛その方の本来の歯の色よりも白くなることができます!歯の表面に専用の薬剤を塗布し黄ばみを分解して歯の色を白くしていきます。ご自身の歯を白くしていくため口元の印象がワンランクアップ⤴します。ホワイトニングを行う方法としては二種類あるのですが今日はその一つを紹介しますね(⌒∇⌒)

●オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、プロによって行われる施術のことです。

個人差もありますが短期間、短時間で終わることができるのでお仕事で忙しい方や結婚式間近で急いで歯を白くしないといけない方にオススメです♥♥♥。

当院、アジサイデンタルクリニックではカウンセリングもおこなっているので気になる方はスタッフまで★!