一般歯科は何でも屋

みなさんが普段通っている歯医者さんは、専門歯科でしょうか?

特に意識していない人も多いかもしれませんが、多くの人が通われている歯科は一般歯科を標榜していると思います。

ところで、一般歯科というのがどんな歯科医なのか、ご存知ですか?

矯正歯科や小児歯科、根幹歯科などの専門歯科なら分かりやすいですが、一般歯科と言われて、どんな役割を担っているのか、ちょっと思いつかない人もいるかと思います。

一般歯科は、一般的な歯科治療全般を行う歯科医です。歯科全般の知識を持ち、患者様にどんな治療を行うべきかが判断できる歯科医と言ってもかまわないでしょう。

歯科医自身のスキルによっては、専門医顔負けの治療を行える場合もあります。ただ、専門的な治療が必要な場合は、その設備がないため、応急処置しかできないことが少なくありません。

※もちろん、一般歯科とその他の専門科名を併記して掲げているところも少なくありませんので、そのままその歯医者さんで治療することも多いと思います。

結果的に、一般歯科は数多くの一般的な虫歯治療や予防歯科治療を行う中で、専門的な治療が必要な人には、最適な歯科医を紹介してくれる交通整理の役目も担っていることになりますね。

だからこそ、どんな症状にもひとまずの対処ができ、症状に合わせて最適な医師を選べる一般歯科をかかりつけ医としておくのが最善の方法だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です