保険内治療の入れ歯

もし、歯を失ってしまったら、どうするでしょうか?

たぶん、多くの人が「入れ歯」を思いつくかと思います。

でも、保険内の治療で作った入れ歯だとうまく合ったものが作れず、食事がおいしくなかったり、何度も調整する必要があったりするのでたいへんだと思っていませんか?

確かに、保険内治療では使える材料に制限があるので、できることは限られてきます。だから、あまり良い印象を持っていないのかもしれません。

でも、保険内治療の入れ歯も、じつはそんなにひどくないんです。

保険内の治療でも、しっかりと型をとってかみ合わせの記録をとりながら作れば、ピッタリの入れ歯が作れるんです。

事実、当院では一般的な入れ歯づくりよりも多い種類の材料や器具を使って、型とりや計測を精密に行っています。

そうすることで、入れ歯がお口にジャストフィットして、体の一部として機能してくれることでしょう。

もちろん、見た目やよりよい機能をお望みであれば、保険外の自由診療での入れ歯を選ぶのも良いかもしれません。

保険外治療の入れ歯であれば、薄くて軽く目立ちにくい入れ歯や、もっと自然に味や温度を感じられる入れ歯なども選んでいただけます。 食事をしっかりとることは健康の基本です。歯を失ってしまった方は、ぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です