子どもの虫歯予防

お子様の虫歯予防は、親御さんにとってとても重要なことですよね。

特に、虫歯で苦しんだ経験のある親御さんであれば余計にその気持ちが強いと思います。

では、子供の虫歯予防で気をつけなければいけないことは何でしょうか?

それは、大人の虫歯予防と同じく、「きちんと歯をみがいて、口の中を清潔に保つこと」です。

ただし、赤ん坊や小さいお子様は自分では歯をみがけませんので、親御さんが都度みがいてあげなければいけません。毎食後は難しいことが多いでしょうから、せめて夜寝る前に念入りにみがいてあげましょう。その場合、朝とお昼やおやつなどは食後に水やお茶を飲ませて、少しでも食べかすを減らしてあげてください。

なお、赤ん坊で上の前歯が生えていない場合は、まだそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

先に生えてくる下の前歯は唾液で洗浄されるタイミングがとても多いので、よっぽどのことがない限り問題ありません。

問題なのは、上の前歯が生えてきた時です。上の前歯は授乳時には母乳に触れ続けますし、その後の唾液の洗浄効果は下の前歯ほど強くありません。

そのため、上の前歯が生えてきたら、授乳後にガーゼで拭いてあげるなどして、歯垢がたまらないようにしましょう。

親御さんがこまめに歯磨きをしてあげれば、子供の虫歯はある程度防ぐことができます。

でも、個人の努力には限界がありますので、ぜひ歯科医へ相談してください。

当院では、長崎で唯一『ママとこどものはいしゃさん』に加盟しマイナス1歳(胎児期)からお子さんの予防歯科を積極的に行っております。

12才でキレイな歯並び虫歯ゼロを目標に頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です