口腔ケアの目的


「口腔ケア」という言葉をご存知でしょうか?

口腔ケアはお口の中を清潔に健康な状態に保つためのメンテナンスを行うことを指します。
でも、口腔ケアの目的はそれだけではありません。

お口の中を清潔に保つことで、患者様の生活の質を向上させることがとても大きな目的なのです。

例えば、何もしなければ舌には舌苔という舌の汚れが溜まってしまいます。
舌苔が厚く溜まってしまうと味を感じにくくなり、食事が楽しめなくなるでしょう。それだけではなく、濃い味のものばかり食べるようになって、生活習慣病を誘発するかもしれません。

舌苔は汚れの塊ですので口腔ケアを行うことで綺麗に除去することができます。
そうすれば、驚くほど食事が美味しく感じられるんです。

また、口腔ケアで舌や頬、歯茎を刺激することで唾液の分泌が促されてお口の中が潤います。その結果、虫歯や歯周病のリスクをさげることができますし、食べづらかったり飲み込みにくかったりしていた人が、美味しく食事することができるようにもなります。

このように、口腔ケアを行うことで、それまでなんとなく不快だったことを改善することができるわけです。

お口の健康は全身の健康にも影響を及ぼしかねません。定期的なメンテナンスをおすすめ致します。


気になる方はぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です