子供の頃から矯正する必要があるのか?

歯科矯正治療は歯並びを整えて口元を美しくすることができます。

それだけではなく、歯科矯正でかみ合わせを治したり、ガタガタな歯並びを整えたりすることで、歯みがきしやすくなって虫歯や歯周病を防ぐ効果も期待できるんです。

そんな歯科矯正治療ですが、子供の頃にはじめて良いかどうか気になっている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言えば、子供の頃から歯科矯正を含めた治療を行うことに問題はありません。

むしろ、日頃から歯科医に通うことで虫歯の早期発見早期治療ができますし、お口のケアをこまめに行うことができるという大きなメリットもあるんです。

もちろん、永久歯が生えそろう前の小さなお子様には、ワイヤーを使うような矯正治療なんて行いませんので、ご安心ください。

12歳程度になって永久歯が生えそろうまでは、歯を動かすような治療ではなくて、将来の成長に合わせて顎や口の周りの筋肉を整える治療を行います。

そうすることで、永久歯がきれいに並ぶことができるスペースを確保できますので、将来の歯並びをきれいにすることができるんです。

お子様の歯並びが気になっている方は、1度歯科医へご相談することをおすすめします。

当院では、日本矯正学会認定歯科医の女性ドクターが親身になってお話を伺うことができます。最初のご相談は無料です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です