成長中の永久歯

幼若永久歯(ようじゃくえいきゅうし)と呼ばれる

「生え変わったばかりの永久歯」は、

ただ生えてくるだけではなく成長しているんです。

幼若永久歯の表面はまだ柔らかく、お口の中のカルシウムを取り込んで、2年から3年かけて固くなっていきます。

目に見えない歯の根の部分もグングン成長していますので、日々の食事で適度な刺激を与えてあげることが重要でしょう。

ただ、成長中ということで虫歯の進行も早く、気が付いたら歯の中の神経にまで達していることも少なくありません。

そのため、永久歯に生え変わったばかりの頃は、特に意識してこまめな歯みがきをするようにしましょう。小さなお子様であれば親御さんが仕上げみがきをしてあげるのが効果的ですね。

もし虫歯に気づかずに酷くなってしまうと、神経をすべて抜いてしまうことになるかもしれません。そうなると歯の成長が止まってしまいます。

歯科医はその事情をよく理解していますので、大人であれば神経を抜いてしまわないといけないほどの虫歯でも、幼若永久歯の場合はできる限り神経を残しておく方法を考えます。

でも、その治療は難しいですし再発のリスクもありますので、虫歯にならないようにするのが一番なんです。

面倒に感じる時もあるかもしれませんが、お子様の将来のためにお口のケアをこまめにする習慣をつけるようにしましょう。

大切な永久歯が虫歯になる前に歯科医院でのメンテナンスを受けられることをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です