虫歯は放っておいても治らない

ほとんどの場合、虫歯は放っておいても治りません。

でもじつは、ごく初期の虫歯は治るんです。ご存知でしたか?

歯の表面の薄い傷などは、唾液に含まれるカルシウムの再石灰化作用によって、本来の状態に戻るからです。

でも、唾液による再石灰化の効果があるのは、本当に初期の虫歯だけです。見た目にもほとんど目立たない虫歯だけが、再石灰化で治すことができます。

それ以上に進行してしまうと、再石灰化では追いつかず、歯の表面で増える虫歯菌にどんどん溶かされてしまいます。

ただ、虫歯というのはある程度進行しないと何も感じません。

すでに再石灰化では間に合わない状態にまで進んでいても、最初は気付くことができないんです。

そして、そのまま放っておいても進行していくだけ。

歯痛という苦痛や出血などで気がついた時には、相当深刻なところまで進んでいます。

だからこそ、そうならないように、毎日きちんと歯みがきしなければいけません。

お口の中のどこかで、虫歯が密かに進行していると考えて、一本一本丁寧に磨きましょう。

虫歯になったら治すことは難しいですが、毎日の歯みがき(ホームケア)と、定期的な歯医者での予防処置で大切な歯を守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です