矯正歯科はいつからするのが良いのか

みなさん、こんにちは。アジサイデンタルクリニックです。

お盆にはお墓参りに行ったり、日頃会えないご親戚、ご友人に会ったりと楽しい時間を過ごされたのではないでしょうか?

さて、今回のブログは矯正歯科についてお話しますね(^^)/

「小さい子供の頃から歯科矯正を行うのは、あまり良くない」と思っていませんか?

もちろん、まだ乳歯が生えそろっていないような頃などは早すぎますが、乳歯が生え変わる頃(6歳から7歳以降)であれば、むしろ良いタイミングなんです。

多くの人が大人になってから歯科矯正を受けます。

でも大人になってからだと、顎の大きさや口の筋肉についた癖を矯正することが難しく、歯を抜かなければうまく歯を並べられないことが少なくありません。

それに、時間も結構かかりますので、仕事などに支障が出ることもあるでしょう。

でも、もし6歳くらいから計画的に始めれば、顎の大きさから矯正することができますので、歯を抜くことなく理想の歯並びを手に入れることができるんです。

当院では、12歳くらいまでは顎の大きさやお口の筋肉の癖を治す治療を行い、12歳頃から本格的なワイヤーによる歯科矯正を行っています。

こうすることで、土台から考えた歯科矯正を行うことができ、抜歯のリスクを大きく下げることができているんです。

もちろん、12歳までの治療できれいな歯並びを手に入れられれば、そこで治療を終了することもできます。無理な治療をすすめたりしませんので、ご安心くださいね。もちろん、定期的なメンテナンスはおすすめします!

❝12才でキレイな歯並び虫歯ゼロ❞を目指しましょう!!

まずは無料矯正相談会をこちらで設けておりますので、一度ご相談されてみてはいかがですか?ご連絡お待ちしております(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です