根幹治療で歯を残す

虫歯や歯周病の怖いところは、自覚症状もなく進行し、気づいた頃には歯の根にまで進行してしまうことです。

歯の根にまで細菌が感染してしまうと、歯を残したまま治療するのは困難で、多くの歯科医で抜歯を推奨されるでしょう。

ただ、そんな状態でも、自分の歯を残すことができるかもしれない治療法があるんです。

それが、根幹治療です。

根幹治療は歯の根の奥まで感染した細菌を掻きだして、開いた穴を薬剤で塞ぐ治療です。そうすることで、歯を残すことができます。

ただし、歯の根はとても細く、曲がりくねって枝分かれしています。そんな中の細菌をすべて除去しなければいけませんので、根管治療はとても難しい治療で、特別な設備がなければなかなかうまくいきません。

仮にうまくいったとしても、根管治療では歯の神経を抜いてしまいますので、虫歯になってもまったく痛むことがなく、気が付くことができません。

そのため、根管治療後の再発率は他の治療に比べて高く、再発した場合は本当に歯を失ってしまうことも少なくないのです。

根管治療を行うのであれば、専門の歯科医を選んで治療してもらうことをおすすめします。

なにより、根管治療をしなければいけないような状態にならないために、日頃の虫歯予防が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です