神経を抜いたら治療は終わり?

根幹治療というのは、歯の根まで虫歯菌などが感染し、炎症を起こしている場合に行われる治療です。

重度の虫歯などで「神経を抜く」と言われたことがある人はいると思います。それは根幹治療の一環です。

根幹と呼ばれる歯の根っこの部分には神経や血管などが入っています。

その中に細菌が感染すると、神経やその周りが炎症を起こして、ひどい痛みを引き起こします。これが重度の歯痛の原因です。

この炎症は放っておいても治るものでもなく、薬などを使っても簡単に治癒しません。

神経やその周りの炎症を起こしている部分を除去しなければ、痛みを止めることができないので、「神経を抜く」という治療になるわけですね。

神経を抜いてしまえば、今まで感じていた痛みが嘘のように消えてなくなります。そのため、それで治療が終わったものと勘違いされる患者様もいますが、そうではありません。

根幹治療では、そこからが本番なんです。

細く曲がった根幹の中に感染した細菌を完全に取り除き、再度感染することがないように薬剤を詰めてしっかりとふたをしなければいけません。

そのため、痛みもないのに何度も通っていただくことになるでしょう。

歯科医として、歯痛で来院された患者様の痛みを取り除くのはもっとも重要です。しかし、それ以上にその症状を悪化させないようにし、通常の生活を取り戻していただくことが患者様のためですので、ぜひ歯科医の指示に従って最後まで治療をするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です