予防歯科治療と歯科検診

定期的に歯科検診を受けることと、予防歯科治療を受けることの違いをご存知でしょうか?

結論から言うと、「悪い所を探す」のが歯科検診で、「悪くならないようにする」のが予防歯科治療です。

歯科検診では、患者様のお口の中を検査し、虫歯や歯周病の兆候を探します。

レントゲンを撮ったり、唾液の中に含まれる細菌を分析したりもします。

そして、虫歯や歯周病の兆候が見つかればすぐに治療して早期発見早期治療を実践するわけです。

虫歯になってもすぐに治すので、常に健康な状態が保てるわけですね。

予防歯科治療も、最初はお口の中を検査します。そして、虫歯や歯周病の兆候が見つかれば治療するのも同じで、まずはお口の中を健康な状態にします。

でも、予防歯科治療はそのあとにまだやることがあるんです。

それは虫歯にならないようにする予防治療です。

代表的なのは歯の再石灰化を促進して歯を守るフッ素の塗布でしょう。

それに歯垢や歯石をきれいに除去するクリーニングも行うでしょう。

そうすることで、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を整えるわけです。

当院では、予防歯科治療を行っています。

虫歯や歯周病になる前に始めることで、虫歯や歯周病を未然に防いで健康な状態を保つことができますので、お口の健康を気にされている方はぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です